ライジング・サン/RISING SUN

imgres
米の経済摩擦を背景に、複雑な殺人事件の謎に挑む2人の刑事の活躍を描くサスペンス・ミステリー。『ジュラシック・パーク』のマイケル・クライトンの原作を、『ライトスタッフ』のフィリップ・カウフマンが映像化。内容がジャパン・バッシングであるとして、全米公開時には、日系人団体から上映反対の抗議運動が起こって話題を呼んだ。日本の大企業ナカモトが、ロサンゼルスの一角に建てた超高層ビルの落成パーティが開かれた夜、ビル内でコールガールのシェリル(タチアナ・パティッツ)の変死体が発見された。女は性交中に首を絞められていた。外国人がらみの事件を担当する市警渉外係のウェッブ・スミス警部補(ウェズリー・スナイプス)は、ジョン・コナー警部(ショーン・コネリー)と共同で捜査を開始するが、そこには日米ビジネス戦争を背景にした巨大な陰謀があった・・・。

ショーン・コネリー、ウェズリー・スナイプス、ハーヴェイ・カイテル、ケイリー=ヒロユキ・タガワ、ケヴィン・アンダーソン、マコ、レイ・ワイズ

streamin吹替え】 【b9dm吹替え