きっと、星のせいじゃない。/THE FAULT IN OUR STARS

61cwZ2hsQ3L._SL160_

劇場公開、2015年2月20日。運命がくれた、今日が愛しい。不治の病にかかった若い男女の恋を描いた全米ベストセラー小説、『さよならを待つふたりのために』(岩波書店刊)を、『ファミリー・ツリー』、『ダイバージェント』のシャイリーン・ウッドリー主演で映画化した青春ロマンス。難病を抱えながらも懸命に生きる10代の男女の切なくも瑞々しい初恋の行方を綴る。監督は、これが長編2作目のジョシュ・ブーン。末期のガン患者で酸素ボンベが手放せない少女ヘイゼルは、両親に言われて嫌々ながら参加したガン患者の集会で、片脚を切断して骨肉腫を克服した青年ガスと出会う。ガスは独自の感性をもったヘイゼルに恋をするが、ヘイゼルは相手を傷つけることを恐れて距離を置こうとする。しかし、大好きな作家の話題がきっかけで、2人は距離を縮めていき、その作家に会うためオランダへ旅立つが・・・。

シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ローラ・ダーン、ナット・ウルフ、サム・トラメル、ウィレム・デフォー、ロッテ・ファービーク、アナ・デラ・クルス



zstream吹替え
zstream】 【FC2 1/2】 【2/2