小川の辺

imgres
劇場公開、2011年7月2日。愛する人を斬ることなど出来るのか? 『山桜』の篠原哲雄監督と東山紀之が再びタッグを組み、藤沢周平氏の作品群の中でもとりわけ評価の高い同名短編小説を映画化した時代劇。藩命で妹の夫を討つよう命じられた下級武士が、社会的立場と肉親の情愛の板挟みの中、過酷な運命に翻弄される姿を描く。ある日、直心流の遣い手である海坂藩の下級武士・戊井朔之助に、藩政を批判して脱藩した佐久間森衛を討つよう藩命が下る。しかし、佐久間は妹・田鶴の夫。しかも、佐久間の批判は民を思えばこその正論だった。そして、揺れる朔之助にとって何よりも気がかりなことは、気の強い田鶴が、必ずや手向かってくるに違いないこと。場合によっては妹も斬らねばならないと覚悟する朔之助。彼は、そんな田鶴を秘かに想い続けていた奉公人の新蔵を伴い、佐久間討伐へと旅立つのだが・・・。

東山紀之、菊地凛子、勝地涼、片岡愛之助、尾野真千子、松原智恵子、笹野高史、西岡徳馬、藤竜也


bilibili.com】 【nicofinder